So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第25回金魚日本一大会 その3 [G-fish(]

まだやります。
 070.JPG
 こんな色のキャリコも面白いと思いました。

071.JPG
 これも好き。いいなあキャリコって。

074.JPG
 注目の猩々琉金親魚。あえて単色で勝負しようとした出品者の男らしさに脱帽。これはすごい親だと思います。

 090.JPG
 見事な和金。この大会に集う長物は一見の価値ありです。

 さてトリは・・・・
094.JPG

もうお分かりですね。これを出すためにがんばったようなものです^^
nice!(1)  コメント(0) 

第25回金魚日本一大会 その2 [G-fish(]

もうだいぶ経ってしまいましたがまだまだ続けさせていただきます。

047.JPG
 桜錦は当歳はまだまだ寝ぼけた色(失礼)ですが親になると普通鱗が光って俄然魅力的になる、と私は思います(あくまで個人的見解です)

 018.JPG
 水泡、体、尾、色彩のバランスが素晴らしい(これもあくまで個人的見解)水泡眼

036.JPG
墨鹿の子 と書いた札が入っていました。この柄は私のところでも追及していますが数年に一度しか出ないのです。こういうのは10年前まで賞にはまったく引っかからなかったのです。時代は変わってきました。

042.JPG
背びれ付きの水泡眼も嫌いじゃないのです。
セルフィン水泡眼の場合は背びれあり、といっても背びれなしの中から間違って生えちゃった!という感じなので子どもでは背びれのない子が普通に出る(はず)。
nice!(1)  コメント(0) 

第25回金魚日本一大会 その1 [G-fish(]

 10月28日の第25回金魚日本一大会のお気に入り魚をご紹介します。
すでに各SNSでリアルタイムでほとんどの魚が紹介されてしまっているのでテンションだだ下がりではあります。当ブログの役割も終わった感もありますが自身への覚書として載せておきます。
 上位入賞魚はどこぞでご確認ください。

 001.JPG 
 当歳らんちゅう3位になった魚。宇野仁松先生おっしゃるところのぶち筋の魚です。この部門優勝魚と同じ出品者ですがやはりこういう味魚は優勝しにくいようです。

 003 - コピー.JPG
 当歳琉金の中に1尾だけいたぶち筋の魚。やはり迫力で劣るのでしょうが、琉金の色は先代堀口氏が苦労してぶち筋に改良したはずなのに。

 007.JPG
 すごい迫力の黒キャリコ。背びれが大きく裂けておりこのため選外になったと思われますが、それがなかったら・・・それでもキャリコ部門では評価されないかも。

014.JPG
 オレンジ色と黒のいわゆる虎模様です。大体は選別されて残らないのですが、見事な仕上がりです。なかなか見ごたえがありました。

040.JPG
かのこショート出目なのだそうです。きゃわいい!
nice!(2)  コメント(0) 

第十弐回穂竜愛好会全国品評大会 その3 [G-fish(]

週は変わって日本一大会も終わってしまいましたがまだまだ穂竜で書き残したことが。
 
 029.JPG
 豪華賞品の数々、兵庫県知事賞、赤穂市長賞もあるのです。あ、その向こうで頒布魚の落札が始まっています。一律価格の抽選になっており、この日一番の盛り上がりだったような。
 それはそうです。入会金と会費を支払ってもまだお得な感じなので当日の駆け込み入会者がいつも続出します。今年は変わり竜が質も高くて大人気でした。

 013.JPG
 あやるさんのTシャツや金魚切り絵師のmasaさんの作品もあります。どこかで見た本もありますね。

028.JPG
キョーリンさんのブース

030.JPG
こんなベスト着た方も。京都の絵師に描いてもらったのだとか。

終了後は参加者全員で片づけて、有志参加の慰労会へ。恒例の姫路の温泉で夜の3時半まで穂竜の話、、と思いきやヤドクガエルやムシの話、ディスカスや宇野らんちゅうなど、楽しすぎでした。

 なおここに書いたのは穂竜愛好会の一面にすぎません。詳細については公式のものをご覧くださいますよう。
穂竜愛好会
http://www.eonet.ne.jp/~horyuu/

金と銀と
http://gaichu-wars.boo.jp/index.html

穂竜 大好き
http://horyuk.blog.fc2.com/


nice!(1)  コメント(1) 

第十弐回穂竜愛好会全国品評大会 その2 [G-fish(]

 前回は王道の穂竜の優秀魚でしたが今回は変わり竜編です。
 変わり竜というのは品評会での総称で穂竜をモザイク透明鱗にした五花竜、黒青竜などがエントリーします。黒青赤白の五花竜よりも出現度の低い黒青竜の方を上位に見るとか頭の黒い魚がよい、とか独自の視点を提唱していて注目に値します。

 004.JPG
 上位に入った黒青竜当歳。この品種は親魚も当歳も一緒の審査になります。このパターンの模様は他の品種ではまだ稀だと思います。

 020.JPG

 これは2歳の黒青竜当歳の黒の発色部分は徐々に退色する傾向があり、その意味からも当歳で黒勝ちの魚を重視します。

018.JPG

 この魚は下位ながら頭に赤の発色が隠れており、名誉会長が現在一押しの丹頂黒青竜にこの先化ける可能性大の魚です。
 今年はこの魚のように尾がベタ黒に近い魚が増えているのが目立ちました。年々進化の著しい変わり竜部門です。

025.JPG
 47枚の洗面器(赤穂浪士に因んでいます)に上がらなかった、いわゆる<ドボン>の魚ですが、どこが?というような魚ばかりです。


 
nice!(0)  コメント(0) 

第十弐回穂竜愛好会全国品評大会 その1 [G-fish(]

 今年も年に一度の金魚三昧を連続でさせていただく季節になってきました。年に一度が何回も?という矛盾なんか説明してる暇はありません。うやむやにしてしまいましょう^^

 前日にどうしても外せない仕事、宴会が夜中まであり、朝一番の新幹線に乗りました。前日に姫路駅で事故があったので結果的に幸いでした。
 ともあれやってきました赤穂城址公園、おなじみの場所です。
024.JPG

 閑散として見えますがこれは昼の合間に撮影したもので実際の参加者は7,80人はいたのじゃないでしょうか。
 上位の魚は公式ページなどを参照していただくとして、いつもながらつまみ食いした(かつよく撮れた)魚をご紹介。
 010.JPG
 でもやっぱり親魚1席の魚は載せておきたいです。これはもう審査池の時から誰しもが一位を確信したという魚でした。色、尾型、サイズ、鱗ほとんど現段階では最上質でした。

 穂竜はかなり固定度が上がってきており回収時に自分の魚がわからなくなる人も多くなってきました。作出者の名誉会長によれば色はもっと薄く、親になっても黒くならないように、、と理想が高いのでした。
021.JPG
022.JPG
色がきれいな魚を選んでみました。
034.JPG

nice!(2)  コメント(2) 

第11回穂竜愛好会全国品評会 [G-fish(]

★重要な前提
私の周囲(ごく狭い範囲)では<へ○○イ>というのは最上級の褒め言葉であることを最初にお断りしておきます。

★本文
グッピーでへ○タ○と言えばこのイベントですが、
http://gupiyoko.blog.so-net.ne.jp/2017-09-12

金魚の世界で現在のところ究極の○ンタ○魚と言えば穂竜ではないかとひそかに確信しています(かなり語弊がある)
今年も品評会に参加してきましたがその中枢にいる方々はやっぱりかなりの猛者揃いなのでした♪
穂竜を独りで作って30年、金魚以外の農学生物系でも研究者顔負けの見識を持つ名誉会長は抜け出ていますが、翌日はトサキンで名古屋出張する方、宇野系らんちゅうにやたら詳しい若手がいたり、鵞頭紅の話題を語り合える方、黒キャリコをわざと残していたり、穂竜以外興味なしと見せかけて金銀メダカを隠し持っていたり、ディスカスを飼って階下まで水を漏らしたとか・・・多士済々。道理で波長が合うわけです。

詳細はこれらの濃いい方のところでご覧下さい。
穂竜(黒青竜)愛好会掲示板
http://8904.teacup.com/papahoryuu/bbs
金と銀と!
http://gaichu-wars.boo.jp/index.html
穂竜大好き
http://horyuk.blog.fc2.com/

実は今回出発時のあまりの雨にカメラを置いて行ってしまったのでした。スマホ画像なので腕が悪いのが余計ばれてしまいます。
IMG_0189.JPG

IMG_0197.JPG

IMG_0185.JPG
nice!(2)  コメント(0) 

第23回金魚日本一大会 その2 [G-fish(]

この時期だけ頻繁な更新になると先日冷やかされました。

 いい魚たくさん見てくるとテンションが上がります。
 選外でもぐっとくる魚特集の続きです。

 鹿の子地金 ポーズが悪くてすみません。この魚は調色してないのでしょうか?
003.JPG
 鹿の子更紗=小豆更紗 のように現在思われていますがどうなんでしょ?

 もひとつ小豆更紗(のオランダ)
012.JPG
 今回オランダは浜松から大量出品があったらしく激戦になりました。小豆更紗はオランダではよく見る模様になりました。親まで抜けないといいのですけど。

 013.JPG
 いろんな方が話題にしていました。こういう変異はたまに出るもののようですがそれをここまで育てて品評会に持ってくるのは並大抵ではないでしょう。それを面白がる人が増えたのも時代が変わってきた証拠です。

014.JPG 
 ピンボケですみません。鱗のきれいな輝竜こと紅葉竜眼です。

 100.JPG
 こういう色、形の東錦は弥富ではアウェーな感じです。

 で、
077.JPG
 今年は一人でした。ちょっと残念!なんのこっちゃ? 

第23回金魚日本一大会 その1 [G-fish(]

 私にとっての一年のクライマックスは金魚日本一大会。
穂竜愛好会と連続の日曜出張というとさすがに家族の目が冷たく前泊ができませんでした、く~。

 早朝の新幹線で駆けつけたものの既に魚が出そろった状態で、例年に比べ出遅れ感は否めず。盛り上がりはすでにこんな感じ。過去最高の717点の出品数で洗面器を追加したのだそうな。
女性が年々増えている気がします。
044.JPG
人がわんさか!例年の3割増しな感じ。向こうの洗面器の列はまったく見えません。これ朝9時の風景なんです。

 例によって現地に行かないと見られないであろう、上位に入らない愛好家選りすぐりの、かつ独断と偏見の私好みのものを抜粋して掲載させていただきましょう。

032.JPG
この水泡眼はインパクトあったのですけどねえ。水泡の大きさや尾の長さの美意識は人によって違うようです。

096.JPG
親になって体色が始まるものは評価が落ちるのですが黒と黄(金)のコントラストはぞくっとします。

087.JPG
今回は当歳リュウキン部門はなぜか数匹しか出品がなくて超穴場でした。




第10回穂竜愛好会品評会 [G-fish(]

 10月16日第10回穂竜愛好会の報告です。個人的に思い入れが深く10回記念大会には是非にと言われていたこともあり、何はさておき万障繰り合わせて参加してきました。すでに各所で盛り沢山で楽しい報告がなされているので詳細はそちらにお任せすることにします。

013.JPG
 前夜祭を早め?に午前0時頃に切り上げ朝6時に会長宅に集結、必要器材をトラックに積み込み会場へ。
そこにももう待機している人もおり総勢30人ほどで設営作業。いつもながら見事な共同作業です。

017.JPG
 10時開会 記念大会とあって赤穂市長、市議会議長、カミハタ社長までお見えになっていました。
 今年はかつてないほどに出来がよく甲乙つけがたい印象でした。自分の魚がわからなくなってしまう人も続出したほどでした。それでも後で聞くと会長はまだまだ向上心がおありのようで目がどうとか頭がどうとか・・・。さすがです。
上位入賞の魚は各所でご覧いただくとして(まただよ)お気に入りで。かつ写真の出来がよいものを出しておきます。
042.JPG

050.JPG


 頒布魚の入札も行われ、洗面器の魚と遜色ない魚が破格値で次々落札されていました。これはもう入会しなきゃ損というもの。
059.JPG

 表彰式 やはり会の常連さんが多いですがあっという間に私よりはるかに上手になられてしまいました。もはや立場がないこと・・・・
065.JPG

 若い会員が多くまさに多士済々、更に今後の発展が期待されます。楽しい時間でした。

 おまけ 賞品として提供させていただいた えれ。さんのフェルト穂竜揃い踏み。(事前撮影のものです)かなりの人気ぶりでした。
杉野賞穂竜群.JPG