So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
街で見かけたいいサカナ ブログトップ
前の10件 | -

第36回観賞魚フェア その1 [街で見かけたいいサカナ]

観賞魚フェアに今年も行ってきました。

046.JPG

例年と大きく変わって金魚、メダカのみのイベントになりました。
水槽ではなく日本一大会の洗面器を借りて(大きく横に弥富金魚組合と書いてあるんですもん^^)きていました。

メダカ水槽は昨年までディスカスコーナーだった壁ぎわに一列に並んで、ハイレベルだったにも関わらずあまり存在感なし。写真も撮り忘れました・・・

最高位の2点のみは水槽に上げられていましたが残りはこんな感じ。

135.JPG

展示期間が長いためすべての洗面器に水作フラワーが入っています(例年と同じです)。でも洗面器なので水面が揺れて親はまだしも2歳の小さい魚なんてよくわからない(Boo)

047.JPG

今回は金魚屋さんのブースも多く、販売魚もたくさん揃っており、これは嬉しかったです。私ゃ500円金魚すくいでなんと茶金花房2匹ゲット♪(すくえなかったのに)ビレッ○フィール●さんありがとうございました。いい歳をして大人げなくガチになってしまいました。

他にもたくさん欲しい魚がありました。写真撮ってない!

出品魚の販売はなかったようですがオークションは今年も開催。盛り上がっていました。

今年の開催には賛否両論あるかと思いますが、業者的営業的には成功だったのではないでしょうか。


nice!(2)  コメント(0) 

今年も第49回全日本総合錦鯉品評会 [街で見かけたいいサカナ]

 今さらですがおめでとうございます。今年もぼつ、ぼつっとまいります。昨年の埼玉大会とか、グラステールの話もあるのですが、この時期はやはり錦鯉でしょう。見るだけだけど。寒くて自分のところの水替えどころじゃない、というのもありますが(こら)。
 鯉業界は太っ腹なのでブースに行くといろんなお土産があるのも嬉しい。私はここでカレンダーを仕入れるのが恒例です。
074.JPG

日曜日の午前中はあいにく表彰式(こらー)で最上位の魚があまり見られませんでした。まあいいか、そのあたりの魚はいずれ写真で拝めるでしょうし。

例によってつまみ撮ってきた変わり鯉の画像ギャラリーを偏執解説とともにどうぞ。
069.JPG
058.JPG
059.JPG
たぶん紅九紋竜だと思います。大正三色昭和三色五色に割って入ろうかという勢いなのだそうです。奇抜な模様の入り方が斬新です。紅輝黒竜というのと区別がつかないのですがどうもこれを光りものにしたのがそうらしい。

062.JPG
銀鱗べたべた丹頂 銀鱗やドイツなどの比率がかなり多くなっているのは海外出品者が多いからなのでしょう。私にとっても嬉しいです。

061.JPG
影白写り(でいいのかな?)更に銀鱗も入っていて非常にきれいでした。

063.JPG
067.JPG
さー、錦鯉界の穂竜、落ち葉しぐれです。今年は普通鱗のタイプは眼にとまりませんでした。上はいずれもドイツ鯉落ち葉になります。茶の斑紋の色の違いがわかるでしょうか。穂竜タイプと赤穂竜タイプと言うべきか。(いや言わなくていい)

057.JPG
写真が悪いですがこの色に注目。明らかに紅白の紅とは違います。幻の黄白でしょうか。

以上東京流通センターからでした。
nice!(2)  コメント(0) 

第48回全日本総合錦鯉品評会 [街で見かけたいいサカナ]

 日本最大いや間違いなく世界最大最高峰の錦鯉品評会に行ってきました。思えば第7回大会から気が向いたら足を運んでいます。もう48回になります。
057.JPG
053.JPG
うーむ煌びやかすぎる、でかすぎる。会場が一望できないほどです。歩く速さでぐいぐい見て回っても1時間以上かかるという壮大さ。毎回驚きます。

 ここでは優勝魚とかはほっといて(こら)、超外道お気楽マニア目線で(♡。♡)な魚を撮ってきました。
002.JPG
銀鱗からし鯉か?緑じゃないですかこれ。

010.JPG
銀鱗丹頂?落ち葉しぐれ やりますね。

029.JPG
パール銀鱗も見逃しません(たまたま目に入っただけな気がする)

050.JPG
うー、なんじゃこりゃ?面白いじゃないか!

061.JPG
落ち葉しぐれは穂竜と同じ色彩パターンのように思います。同じ品種の色違いです。うーむ参考になるなあ。穂竜愛好会の方見てますか?

051.JPG
ちなみに金銀貼り分け黄金。近頃流行らないのですかね?ほとんどいなかったけどめちゃくちゃ贅沢な魚ですね。

060.JPG
なんだこれ??変わってるな~白写りに黄色の影が入っているという珍品。今回この魚が見られただけでよかった~。

ちなみに今回これ以外にも私が撮影した鯉のほとんどはタイ、インドネシアの方の出品でした。私の鑑識眼が日本人でないことがよーくわかりましたとさ。



 
 

非日常 [街で見かけたいいサカナ]

 第47回の全日本の錦鯉品評会に行きました。まさか自分が飼えるわけでもないのに、でも鯉好きなのです。日本が誇る世界でもっとも大きい観賞魚です。一見の価値はあります。
 ものすっごく広い会場(東京流通センター)これは全体の4分の1部分です。
029.JPG
 いやはやスケールが違います。海外の方もますます増えて、魚のボリュームも更にアップしている感じ。

 もちろん私は優勝魚や御三家には眼もくれず、ひたすら変わり鯉探し
031.JPG

020.JPG

021.JPG

015.JPG

013.JPG

好きな鯉はほどんど外国人の魚でした、てゆーか日本人の出品魚の方が少ないのでは?
海外からまさか持ってきてないとは思うのですがどーなんでしょ??優勝は中国の方でした。大相撲よりも外来流入が激しい!
032.JPG

取材陣もすごい。表彰数も相撲より多い??

 

あれからいろいろ② [街で見かけたいいサカナ]

 さて、続きになります。
  2014創作めだか展示発表会の会場からお気に入りの魚、の中からお見せできる画像が撮れたものをいくつか。

隣りのベタの方が1匹のインパクトでは明らかにめだか側より勝っていました。

047.JPG
 グリーンの縁取り模様は恐らく天文学的な数の中からの選抜個体でしょう。アクアライフ誌のHカメラマンと意見が一致、AL賞に選ばれたはずです。月刊誌に先に載ってしまいました。

050.JPG
 ややピントがずれていて恐縮ですが、昭和三色みたいな不規則模様がインパクトありました。どうも形や大きさよりも色彩に比重を置いてしまうのは毎度のこと。超偏執的嗜好です。

051.JPG
 なんつってもベタは止まっていてくれるので撮影が楽なこと。でかいし。

 グッピーに関してはオフィシャルページを参照ください。

http://medaka-net.org/exhibition_osaka/20140511/

044.JPG
あ、これはエントリーNo.43アンモライムグリーンダブルソードと思われます。これくらいしかまともに撮れていません。

029.JPG
 ほんとはこれが一番欲しかったかもしれません。餌も水替えもいらないし、死なないし。これからはサブグッピーに注目です。


 

 

あれからいろいろ① [街で見かけたいいサカナ]

 すみません、ご無沙汰しました。すっかり上の広告がのさばってきましたので更新せな。
 あれからいろいろありました。毎日わけわからない生活を送っていまして、

 あんなこと(5月3日ビューティーコンテスト、とほほ)
008.JPG

 こんなこと(採卵、今年は5腹で打ち止めか)
016.JPG

 そそんなところまで(5月11日2014年創作めだか展示発表会 )
025.JPG
http://medaka-net.org/exhibition_osaka/20140511/

関係者の皆さんが大変な思いをして運営し、しかも全部の魚を掲載してくださいました。戦力にならず大変申し訳ございません。

 ささやかながら当日のスナップ
032.JPG
 ベタ側は女性>男性ではないかと思えるほど。

 片や創作めだか側・・・地味ですねえ
031.JPG




九紋竜横見 [街で見かけたいいサカナ]

 先日の第19回金魚日本一大会 親魚 その他A和金型の部優勝の九紋竜の横見画像です。
 ここを見た佐藤昭広氏に提供していただきました。恐らくここ以外で公開されるのは1年後くらい
でしょうから(遅っ)一番早いのじゃないでしょうか。

 事情通の佐藤氏によると、やはりこれは朱文金の混じり(一般的には選別もれ)を育て上げたもの
だということです。鯉の血は入っていないものの、九紋竜そっくりの色模様ではあります。

 クモンリュウ .jpg
 写真提供 佐藤昭広氏

弥富系の朱文金は墨が強く、結構好きです。

昭和朱文.jpg
 これは第1回日本一大会に出品されていた昭和三色模様の朱文金。私にとって衝撃作だったのですが
選外でした。

 このあと影響されて私も朱文金の黒いの抜いて飼ってましたっけ。
青朱文.jpg
 

お約束② [街で見かけたいいサカナ]

 題名は同じですが、もうミス弥富金魚は登場しません、悪しからず。
 今回は雨天のため?後ろに廻れず、、、なんのこっちゃ。

 この大会での新しく、その他の部が5分割されました!
 これはもう笑うしかない。その他A(和金型)、B(リュウキン型)、C(オランダ型)、D(ランチュウ型)、E(その他)ということです。画期的です。グッピーで言えばボトムソード、ダブルソード、トップソード、ピンテール、その他に分かれたようなものです。(違うかも)

 規定品種じゃない魚の飼育者が圧倒的に増えてきているのです。今回の穴場は水泡眼当歳で
2匹しか出走?しなかったので500円の魚でも3位になれたのですが、その他はどの部門も競争率が
高かったです。

015.JPG
九紋龍ってそりゃ、鯉の名前でしょう。鯉の九紋龍そっくりの朱文金です。
飛びだし防止のネットがかかっております。
この魚はその他Aで優勝したので横見の画像がどこかに掲載されるでしょう。
こういう魚が優勝するのも画期的なことなのです。19年間見てますがここ2,3年の傾向です。

017.JPG
ブラックコメット。髭があるじゃないかっ。
これも水槽で見てみたい。

044.JPG
私好みのリュウキン(=一般評価は低い)。目巾がある口が尖ってない、腹が丸くない。もちろん選外。


お約束① [街で見かけたいいサカナ]

 10月第4日曜といえば、なにはさておき金魚日本一大会ですっ。数えること19回目になりますが、
今年のようにカイロが必要なほど寒くて大雨だったのは第1回以来でしょう。(こそっと自慢してる)
 翌年のカレンダーにまず書き込むのがこのイベント。最近はこれでもかと、このあたりに過酷な試練が
入るのですが、名古屋前日泊は曲げませんでした。
 夜遅くに名古屋着いてもどうするのっていう突っ込みはなしでお願いします。
 
 年々盛り上がってきて、今年は某国営放送の全国ネットでも放映されたそうです。
 さて、毎度のことですが、入賞魚は置いといて(いいんですいいんです、そういうのは
皆撮ってるし、カレンダーにもなりますから)

 お気に入りの魚、見たこともない変わった魚をここではどうぞ。

069.JPG
お約束でした。
今年のミス弥富金魚は眼力(めぢから)がすごい。

005.JPG
これは親魚で選外の江戸錦ですが、これは江戸錦史上でも最高傑作の部類ですよ。大きさが足りないのでしょうが。

031.JPG
これぞオオサカランチュウ!

013.JPG
親更紗和金

香港金魚街その2 [街で見かけたいいサカナ]

 遅れてすみません。現地画像整いました。
002.JPG

これぞ本場の袋売り。
近頃日本でも大規模店ではよく見かけますが。グッピーからディスカス、クラウンテトラまで。グッピーはほどんどがシンガーチックなものが数匹入って300円ほど。安いけどまあ、あえて買うこともないか。

 006.JPG

金魚でかい、安い、日本琉金、日本蘭チュウ多い、ちょと持って帰るのしんどい。

013.JPG

いわゆる高級?グッピー。日本でもよくあるドイツイエロー、アルビノフルレッド、ブルーグラスが多いです。エンドラーズもいましたがタンジェリン系が人気のようです。やっぱり赤系の魚が好きなのです。値段はペアで500円ほど。安いですけど、持って帰るほどのものでもなし。

025.JPG

水草は店が別です。侘び草みたいなのが流行りなのでしょうか。袋売りのももちろんございます。これらも500円ほど。あんまり詳しく見ている暇はなかったのですごめんなさい。

※追記
金魚はウィルス病予防のため輸入資格のある業者申請の上許可を得て、更に輸入後2週間留め置かなくてはならなくなったので事実上個人で持ってくるのはまず不可能です。水草は泥がついている場合はアウトですがそうではない栽培ものは問題ないかと思いますが、あんまり信用しないでください。グッピーに関しても持ち込みには十分ご注意ください。くれぐれも要注意外来生物から格上げして日本での販売禁止なんてことにならないよう、皆で配慮しましょう。
前の10件 | - 街で見かけたいいサカナ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。