So-net無料ブログ作成

一応補足 [時局]

」2017年度日本魚類学会 市民公開講座(2019.7.15)
「第3の外来魚問題」~人工改良種の野外放流をめぐって~の出席者のメモより(補足箇所あり)

・国外外来魚、国内外来魚、に加えヤマトゴイ、錦鯉、金魚、ヒメダカのような人工改良種が第3の外来魚と位置づけされる

・メダカ改良種であるヒメダカは単一の種苗集団に由来する
・全国の野生集団のメダカからヒメダカ由来の遺伝子が123地点中48地点で確認された
・ヒメダカは野生個体と交配すると見分けがつかない(AA,Aaとも野生体色)
・遺伝的撹乱が生じている集団がこれ以上拡散させない方策が必要

・コイの放流には在来コイとの交雑、水環境の改変(水草、水生昆虫の捕食)という2つの側面がある
・日本在来のコイは琵琶湖北部のノゴイといわれる集団だけである
・ヤマトゴイ、といわれるのは明治以前に大陸のコイ(Oujiang color carpなど)が混入している
・錦鯉はヤマトゴイから改良されたものであるが更にヨーロッパ系のコイの系統が混入している

・近年輸入金魚の増加に伴い新しい感染症が発生し野生魚への影響が問題視されているKHV(コイヘルペス),SVC(コイ春ウィルス)、ERM(レッドマウス病)など
・金魚や錦鯉の養殖業者は選別外の魚の処分には手を焼いているが現状直接放流することはない。ただし放流目的にこれらの魚を購入希望された場合断ることは難しい

004.JPG

画像と本文とは一切、全く何の関係もありません。
nice!(2)  コメント(0) 

魚類学会公開講座 [時局]

 いろいろと波乱万丈でネタは貯まっているのですが直近の日本魚類学会の公開講座のことを気にかけている人も多い(2名ほど?)ようなので報告いたします。
http://www.fish-isj.jp/event/sympo.html

 昨年金魚放流についてひと悶着ありまして。
http://www.sankei.com/west/news/160723/wst1607230047-n1.html

ここから端を発したのか最近金魚錦鯉そして日本メダカまで非難のやり玉になっている、という噂を聞き堪らず仕事を休み新幹線に乗ってしまいました。魚類学会にはいっぺん行きたかったし・・

会場は今年新築したばかりという豪華な建物でした。会場写真はありません。すみません。気後れしちゃっいました。
003.JPG


会場は学生さんが多かったようですが200人以上ほぼ満席状態でした。中には顔の知った観賞魚業界関係者も若干名。

007.JPG
 結果、金魚錦鯉メダカの飼育に関して規制をかけるという方向になることはありませんでした(ほっ)。飼育には何ら問題はないがそれらを自然の川や池に放流するのは好ましくないという基本理念に異論は出ませんでした。(しかしここに参加するような人達はともかく全国のすべての人に1匹たりとも流すなというのは無理なのじゃないでしょうかねえ?頭で作文しているうちに発言の機を逸してしまいました)
その生態系にいない異所の生物を移入することは好ましくない、というのは現在のすう勢ですが過去にはいろんな外来生物を放流したりしてましたねえ。思えばクニマスだって移植していなかったら消滅していたわけで。だいたい生物的隔離なんて・・・・・
いろいろと思う所はあるのですがこういう話はよくめだか館でビール呑みながらクダ捲いてましたっけ。その話をそのまましたら場が荒れるのは必至です(笑)

一番へーっと思ったのが日本の鯉の起源に明治以前にOujiang color carp というのが混入している、ということ。なんと錦鯉の起源も中国にあったようなのです。勉強になるなあ。
http://mikura-isle.com/pdf/mikurensis2014/17-26.pdf#search=%27oujian+color+carp%27

帰り道、長瀬駅前のショップ。25年ほど前に訪れた時はきれいなお店でしたが閉店していました。がっくり。
005.JPG

グッピーの進化②ショッカー-1 [グッピーの秘]

我が家で出現した魚です。
026.JPG

ショッカー雌とモザイク雄のF1です。

この魚を見て①を思い出したというわけです。こういう魚最近よく見ると思いませんか?
そう!ダンボ系モザイクです。
個人的にはこれをモザイクとは言いたくないのですけどね。体型的にも独特な感じがしてこのタイプはみんな野太くなります。表現型と体格、体質が連動していることも長く付き合っているとよく経験します。
ちなみにコブラが抜けると同じように育てても一回り細くて小型になります。こういうのを上手に育てるとコンテストに優勝できるのでしょう(笑)
009.JPG

もう少し大事に育ててみます。あまり期待しないでくださいね。(誰も期待してないって)



グッピーの進化①プロトタイプ [グッピーの秘]

探し物が出てきました。'92年頃のダイヤモンドグッピー協会(わかります?)のコンテストで撮影した写真です。下手な写真ですみません。

006.JPG

飼育当初から外産グッピーでもひときわ派手なコブラタキシード(当時はこう呼ぶのが普通でした)は気になる存在でした。この年に突如このような魚が多数出品されていました。(もちろん国産品ではなく輸入魚そのままです)
下半身のタキシード斑が薄くなり、し下のコブラ模様が浮き出ています。

この系統のその後の展開に大変興味があったのですが、次の年からシンガポールではグッピーのウィルス病が大流行し多くの系統が失われました。ジェイドやモザイク系などが失われた中でコブラタキシードも存在はするもののギトギト感はなくなり、コブラ柄も大人しく魚体も小さくなっていきました。名前も魚に合わせてスマートなマルチタキシードと呼ばれることが多くなりました。

第48回全日本総合錦鯉品評会 [街で見かけたいいサカナ]

 日本最大いや間違いなく世界最大最高峰の錦鯉品評会に行ってきました。思えば第7回大会から気が向いたら足を運んでいます。もう48回になります。
057.JPG
053.JPG
うーむ煌びやかすぎる、でかすぎる。会場が一望できないほどです。歩く速さでぐいぐい見て回っても1時間以上かかるという壮大さ。毎回驚きます。

 ここでは優勝魚とかはほっといて(こら)、超外道お気楽マニア目線で(♡。♡)な魚を撮ってきました。
002.JPG
銀鱗からし鯉か?緑じゃないですかこれ。

010.JPG
銀鱗丹頂?落ち葉しぐれ やりますね。

029.JPG
パール銀鱗も見逃しません(たまたま目に入っただけな気がする)

050.JPG
うー、なんじゃこりゃ?面白いじゃないか!

061.JPG
落ち葉しぐれは穂竜と同じ色彩パターンのように思います。同じ品種の色違いです。うーむ参考になるなあ。穂竜愛好会の方見てますか?

051.JPG
ちなみに金銀貼り分け黄金。近頃流行らないのですかね?ほとんどいなかったけどめちゃくちゃ贅沢な魚ですね。

060.JPG
なんだこれ??変わってるな~白写りに黄色の影が入っているという珍品。今回この魚が見られただけでよかった~。

ちなみに今回これ以外にも私が撮影した鯉のほとんどはタイ、インドネシアの方の出品でした。私の鑑識眼が日本人でないことがよーくわかりましたとさ。



 
 

海外資料 [書庫]

 故筒井氏が90年に渡欧した折に中学生だったClaus Oshe氏が通訳として非常に役立ったことは聞いていたのですが、髪の毛以外はすっかり立派になって(ごごめんなさい)ドイツのツツイとなっているようです。30年を経て交流が始まりました。最近彼から届いたものです。ありがたいことです。私のドイツ語脳はすっかり錆ついておりますが。

021.JPG

022.JPG

エンドラーズカレンダーの中央にあるのは
023.JPG

これは2005年のドイツのワールドグッピーコンテストに送ったラグナハーフタキシードではないですか。向こうではまだ継続してもらっているようです。当方ではとうの昔にいなくなっていますが。やっぱり送っておいてよかった・・・


似て非なるもの [非生物]

 報告が滞っていますがアクアリウムバス(11/27)でまたまた購入してしまった、お馴染みえれ。さんのフェルト金魚。
 002.JPG
 背中の浅葱がわかってらっしゃる・・・・これは・・・とてもスルーできませなんだ。
 今回のはボトル入りです。写真が下手です。
001.JPG

 で、ほどなくしてガシャポンで同じようなのを発見しました♪
002.JPG

並べるといいかなー、なんて思ったのですが

006.JPG

いか~ん!
003.JPG
スライムの中でひっくり返ってしまっています。何度まっすぐに入れるも甲斐なし。
まるでメチレン●ルーの中で死んじゃったみたい( ̄◇ ̄;)




召集 [三角コーナー]

 最近ぱっとしないショッカー軍団である。アジトの暖房の都合でサンセットドイツなどという超貴族の血が入ってしまい、ますますライトな方向に向かっているような。
 そこにプラケ本部より召集が。
 仕方ない、我が軍団の凋落ぶりをさらけ出さねば。これはもう鞭打の刑必至ではないだろうか?(汗)

035.JPG

これは夏の写真である。記録すらおろそかになっていたりする。
ショッカーガールズ.JPG
雌は結構お気に入り♡

そしてサンセット系
007.JPG
サンセット雌
014.JPG

悪の軍団と夕日の貴族がどう改造されてしまうのだろうか、makeさんごめんなさい。



 

第23回金魚日本一大会 その2 [G-fish(]

この時期だけ頻繁な更新になると先日冷やかされました。

 いい魚たくさん見てくるとテンションが上がります。
 選外でもぐっとくる魚特集の続きです。

 鹿の子地金 ポーズが悪くてすみません。この魚は調色してないのでしょうか?
003.JPG
 鹿の子更紗=小豆更紗 のように現在思われていますがどうなんでしょ?

 もひとつ小豆更紗(のオランダ)
012.JPG
 今回オランダは浜松から大量出品があったらしく激戦になりました。小豆更紗はオランダではよく見る模様になりました。親まで抜けないといいのですけど。

 013.JPG
 いろんな方が話題にしていました。こういう変異はたまに出るもののようですがそれをここまで育てて品評会に持ってくるのは並大抵ではないでしょう。それを面白がる人が増えたのも時代が変わってきた証拠です。

014.JPG 
 ピンボケですみません。鱗のきれいな輝竜こと紅葉竜眼です。

 100.JPG
 こういう色、形の東錦は弥富ではアウェーな感じです。

 で、
077.JPG
 今年は一人でした。ちょっと残念!なんのこっちゃ? 

第23回金魚日本一大会 その1 [G-fish(]

 私にとっての一年のクライマックスは金魚日本一大会。
穂竜愛好会と連続の日曜出張というとさすがに家族の目が冷たく前泊ができませんでした、く~。

 早朝の新幹線で駆けつけたものの既に魚が出そろった状態で、例年に比べ出遅れ感は否めず。盛り上がりはすでにこんな感じ。過去最高の717点の出品数で洗面器を追加したのだそうな。
女性が年々増えている気がします。
044.JPG
人がわんさか!例年の3割増しな感じ。向こうの洗面器の列はまったく見えません。これ朝9時の風景なんです。

 例によって現地に行かないと見られないであろう、上位に入らない愛好家選りすぐりの、かつ独断と偏見の私好みのものを抜粋して掲載させていただきましょう。

032.JPG
この水泡眼はインパクトあったのですけどねえ。水泡の大きさや尾の長さの美意識は人によって違うようです。

096.JPG
親になって体色が始まるものは評価が落ちるのですが黒と黄(金)のコントラストはぞくっとします。

087.JPG
今回は当歳リュウキン部門はなぜか数匹しか出品がなくて超穴場でした。