So-net無料ブログ作成
三角コーナー ブログトップ
前の10件 | -

テンションが上がらぬまま終わるか [三角コーナー]

 夏の間は屋外グッピーがここ数年の楽しみとなっていますが今年はこれから、という時に鷺(サギ)の飛来でグッピーもかなりの親魚が被害に遭いました。番犬ゴロウのおかげで十数年はまったく心配なかったのですが、、。油断、していたわけではなかったのに。

8月になってようやく精神的に持ち直してきた、
と思ったら今度はお天気の方のテンションが上がらないじゃないですか。

 屋外のグッピーは32度くらいの水温が一番元気、というか興奮状態ですごい勢いで繁殖成長するのですが30度を切るとちょっと元気がないくらいに感じます。
もう最盛期は終わってしまった感じなので稚魚を早く育てて水槽収容の準備をしなくてはいけないような気候です。

010.JPG

009.JPG
 春先に伝説のブリーダーMさんにいただいた魚ですがこの雌も多く鷺の餌食になりました。グッピー専科の表紙を飾った系統ですがハイドーサルになってさらにグレードが上がっています。

私のところでは到底このレベルでは維持できそうにないので画像に残しとかなきゃ。

004.JPG
出所不明のモザイクタキシード。色合いがシブくて好みだったのでサンセット雌をあてがっていたのですが撮影数日後☆になってしまいました。原因不明↓
nice!(2)  コメント(2) 

召集 [三角コーナー]

 最近ぱっとしないショッカー軍団である。アジトの暖房の都合でサンセットドイツなどという超貴族の血が入ってしまい、ますますライトな方向に向かっているような。
 そこにプラケ本部より召集が。
 仕方ない、我が軍団の凋落ぶりをさらけ出さねば。これはもう鞭打の刑必至ではないだろうか?(汗)

035.JPG

これは夏の写真である。記録すらおろそかになっていたりする。
ショッカーガールズ.JPG
雌は結構お気に入り♡

そしてサンセット系
007.JPG
サンセット雌
014.JPG

悪の軍団と夕日の貴族がどう改造されてしまうのだろうか、makeさんごめんなさい。



 

非メダカ [三角コーナー]

東日本は今年そんなに暑くなくて水替えも楽になってきました。ようやく撮影する余裕が少しできました。

 メダカがどんどん綺麗に進化中のようですがこれはグッピーです、念のため。
037.JPG

 横見はおなじみのショッカー軍団です。繁殖力が鈍ってきたような。今年はあまり赤くならない方を残してみました。やはり黄色系はヒレの伸びがいまいちです。ダンボ系とは近縁関係ですが胸ビレの大きさにはまったくこだわっておりません。ひたすら悪どく、くどく、色を重ねていく方向で改悪しているのですが、大人しくなってしまいました。各地域のショッカー支部もあまり繁栄していないようです・・・うむむう
034.JPG



コブラもいます [三角コーナー]


三角尾は苦手なのですが比較的好調なのはこちらのハイドーサルコブラ
085.JPG
 3年目くらいかな?ほとんどそのまま、いえ、アルビノだったのですがすぐこの状態になりました。ほとんど金太郎飴ですからあまり胸を張って自分のだとは言えません。
 もっと壊しまくりたい(バカモノー!)のですがあまりに完成度が高いので主系を維持しつつ、なんて言ってると挑戦する場所がありません。

005.JPG
こちらは再掲のメイン系統の画像。春先の事故で煮てしまいまして現在は残骸のみです。復活はあるのか?
そのまま復活しなくてもいいのでここから新たな展開に期待したいところです。


ショッカー斜陽 [三角コーナー]

 吾輩はショッカー東京区西部支部長である。最近の我が軍団の低迷ぶりに筆を執ってしまった。そもそもは秘密結社たるもの情報口外などもってのほかなのだが。
ショッカー2015.JPG
 今年の軍団の惨状を示したが、悪天候で生育が悪いこともあるがどうもショッカーらしい悪奴さ、不気味さが薄口になっている!加えて最近は類似のダンボ軍団なるものが我々にとっては微妙に被る存在である。バタバタした胸びれはショッカー道に反すると思っているのは影もなき首領とじじ○の吾輩くらいか。なにモザイクダンボ?あれはショッカー系半黒ではないのか!ううむ付いて行けん。

 ショッカーの地下組織の支部も吾輩の知る限り埼玉支部と吹田支部、某大支部を残すのみ。どこも幹部ばかりで肝腎の戦闘員が育っていないのは心配でならない。
 
 ☆♯~!と奇声をあげて湧いて出てくる黒い軍団あってのショッカーなのだ。本支部においてはこの黒勝ちの戦闘員(稚魚)がめっきり少なくなっているのが悩みの種である。

収穫祭Ⅱ [三角コーナー]

 屋外飼育を水槽ではない容器でおこなう場合のおすすめは三角尾びれの改良型グッピーです。
 特にタキシード系がきれいです。ワイルド系はほんとメダカになります。否最近のメダカの方がきれいです。

 018.JPG
 レオパードタキシードにいろいろ混ぜ込んだので尾にオレンジが入ってきました。これはこれで嫌いじゃないです。それにしても出現率が低すぎます。いろいろ試したいことはあるのですが今季は余裕なく、またこれで冬超えします。

 010.JPG
 これは昨年の創作メダカ展覧会会場でまっちゃんさんと殴りあいの結果(?)競り落としたzuzuさんのハイドーサル系モザイクその後。これはすごいです。どれでもきれいな三角尾びれになりました。元のブリーダーの力としか言いようがありません。ここからすぐ壊してしまうのが私の至らないところです。

無地魚 [三角コーナー]

 過日撮影用にグッピーラボさんに譲っていただいた魚です。
http://rss.rssad.jp/rss/sonetrss/10000002609741_734743_index.rdf

 いわずと知れたモスコーブルー
022.JPG

 一世風靡したフルブラック
043.JPG

 こいつらを黒バックで撮影するのは老眼が急速に進行している私には不可能なので
撮影用水草水槽に投入。3日後の姿です。
 もう少し仕上げて、水槽きれいにして・・・なんて思っているうちに見事に仕上がるどころか(涙)。
タブ○さんごめんなさい。私には難しすぎます。

 結局最初が一番よかったという笑えないお話。


取り入れ至急 [三角コーナー]

 9月下旬まで30度超えしたり台風が来たりで外のグッピーの取り込みが遅れています。

 朝晩かなり冷え込むようになって長袖が必要になってくると気は焦るのですが、
うまく休みと天気とスケジュールが合いません。1日でできる作業も限界があるし、
日は短くなるし。

 あ、そうだ、いくつか水漏れする水槽もあるんだった!

 写真はおなじみ買った方が早い魚ナンバーワン、レオパードタキシード。
 1シーズンに1匹しかできません(涙)。メスの方がきれいじゃん、て?それは禁句ですっ。

053.JPG

できちゃった? [三角コーナー]

 今季のショッカー軍団です。ちょっと思うところがあって親を選択したら、
 プラチナでタキシードでコブラでグラスでレッドという、条件をとりあえずクリアーした
魚の群れができました。ほとんどブレなし。
 
 でもなんかつまらなくなっちゃった気がします。

049.JPG

珍しく育った [三角コーナー]

 フルサイズいっぱいいっぱいの魚です。コンテストでよく見ますね。
 私のところではなかなかここまでになることはないのですが、中国産ブラインをせっせとやってたらこうなりました。餌が足りないと他のに齧られちゃうんですね。

 今のグッピーは由緒正しい魚ばかりなのでショートテール系でなければ大事に1匹飼いするとほとんどの魚はこのくらいの形にはなるはずなのです。色とか模様とかは別次元ですが。
 もうここまでくると見てて重たい感じです。写真撮りやすいこと♪(笑)
 
 こういう爛熟期はほんの2,3週間なのでコンテストブリーダーにとってはピークの持って生き方がカギなのでしょう。この魚の場合はもう出来すぎで、もしコンテストに持っていったらプラケの底に沈みこんでしまうでしょう。
 ボディの輝きのピークは既に過ぎていて抜け殻状態だと私は思います。
 このあたりがグッピー愛好家の中でもデルタ派とソード派(そんなものないか)に分かれる所以でしょう。

 そんなこと言いながら、たまーにこんなのができると自慢げに見せびらかしちゃったりするわけです。

 ちょっと重い内容で失礼しました。
004.JPG
前の10件 | - 三角コーナー ブログトップ