So-net無料ブログ作成
検索選択

一応補足 [時局]

」2017年度日本魚類学会 市民公開講座(2019.7.15)
「第3の外来魚問題」~人工改良種の野外放流をめぐって~の出席者のメモより(補足箇所あり)

・国外外来魚、国内外来魚、に加えヤマトゴイ、錦鯉、金魚、ヒメダカのような人工改良種が第3の外来魚と位置づけされる

・メダカ改良種であるヒメダカは単一の種苗集団に由来する
・全国の野生集団のメダカからヒメダカ由来の遺伝子が123地点中48地点で確認された
・ヒメダカは野生個体と交配すると見分けがつかない(AA,Aaとも野生体色)
・遺伝的撹乱が生じている集団がこれ以上拡散させない方策が必要

・コイの放流には在来コイとの交雑、水環境の改変(水草、水生昆虫の捕食)という2つの側面がある
・日本在来のコイは琵琶湖北部のノゴイといわれる集団だけである
・ヤマトゴイ、といわれるのは明治以前に大陸のコイ(Oujiang color carpなど)が混入している
・錦鯉はヤマトゴイから改良されたものであるが更にヨーロッパ系のコイの系統が混入している

・近年輸入金魚の増加に伴い新しい感染症が発生し野生魚への影響が問題視されているKHV(コイヘルペス),SVC(コイ春ウィルス)、ERM(レッドマウス病)など
・金魚や錦鯉の養殖業者は選別外の魚の処分には手を焼いているが現状直接放流することはない。ただし放流目的にこれらの魚を購入希望された場合断ることは難しい

004.JPG

画像と本文とは一切、全く何の関係もありません。
nice!(2)  コメント(0) 

魚類学会公開講座 [時局]

 いろいろと波乱万丈でネタは貯まっているのですが直近の日本魚類学会の公開講座のことを気にかけている人も多い(2名ほど?)ようなので報告いたします。
http://www.fish-isj.jp/event/sympo.html

 昨年金魚放流についてひと悶着ありまして。
http://www.sankei.com/west/news/160723/wst1607230047-n1.html

ここから端を発したのか最近金魚錦鯉そして日本メダカまで非難のやり玉になっている、という噂を聞き堪らず仕事を休み新幹線に乗ってしまいました。魚類学会にはいっぺん行きたかったし・・

会場は今年新築したばかりという豪華な建物でした。会場写真はありません。すみません。気後れしちゃっいました。
003.JPG


会場は学生さんが多かったようですが200人以上ほぼ満席状態でした。中には顔の知った観賞魚業界関係者も若干名。

007.JPG
 結果、金魚錦鯉メダカの飼育に関して規制をかけるという方向になることはありませんでした(ほっ)。飼育には何ら問題はないがそれらを自然の川や池に放流するのは好ましくないという基本理念に異論は出ませんでした。(しかしここに参加するような人達はともかく全国のすべての人に1匹たりとも流すなというのは無理なのじゃないでしょうかねえ?頭で作文しているうちに発言の機を逸してしまいました)
その生態系にいない異所の生物を移入することは好ましくない、というのは現在のすう勢ですが過去にはいろんな外来生物を放流したりしてましたねえ。思えばクニマスだって移植していなかったら消滅していたわけで。だいたい生物的隔離なんて・・・・・
いろいろと思う所はあるのですがこういう話はよくめだか館でビール呑みながらクダ捲いてましたっけ。その話をそのまましたら場が荒れるのは必至です(笑)

一番へーっと思ったのが日本の鯉の起源に明治以前にOujiang color carp というのが混入している、ということ。なんと錦鯉の起源も中国にあったようなのです。勉強になるなあ。
http://mikura-isle.com/pdf/mikurensis2014/17-26.pdf#search=%27oujian+color+carp%27

帰り道、長瀬駅前のショップ。25年ほど前に訪れた時はきれいなお店でしたが閉店していました。がっくり。
005.JPG

魚社会復帰 [時局]

 私的な業務が多忙を極めこのところすっかりご無沙汰しておりました。

 その間にこんなイベントもありました。
http://medaka-net.org/exhibition/no4_20150621/
 必死に参加だけはしてきましたがほんと事前協力もできませず、申し訳ありませんでした。
 当日の現場風景 協賛品は欲しいものばかり
034.JPG

037.JPG
 突き当りが三角尾びれ、左がへん○○コーナー。 途中で左に移動させられていた魚もいました(笑)
 この右手では○研さんの販売とか原種胎生魚、水草の超廉価販売もあってご機嫌でした。

2次会
 039.JPG
 新装開店おめでとうどざいます。移転作業は困難を極めたと思われますが小奇麗でコンパクト、でもかゆい魚?まで行き届いております。
 店先でたむろしていたら通りすがりの方(ほとんど人通りはない)に何かあるんですか??と質問されました。こういう宣伝の仕方もあるかもしれませんね。




 

追い風がきた(笑)=デング熱対策にグッピーを放流しましょう♪ [時局]

 今年のキーワードのひとつになるだろうデング熱。我が家はガサ入れが入ったらどうしようというくらいの水溜りだらけな屋外=蚊の吹き溜まりのような環境なのです。そんな中朗報が♪
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1202Z_T10C13A9EB2000/

 ええぞええぞ。夏は屋外でグッピー飼っても、デング熱対策と言い切れる!
 ショップの皆さんもデング熱にはグッピーのノボリを立てていただきたいところです。
最近では珍しい追い風なニュースではないでしょうか。
005.JPG
 Code:cinnamomeus peacock-ver.2014.lower sword

007.JPG
Code:Goias excellent-ver.lace tail

 

第20回金魚日本一大会中止!!! [時局]

 毎年カレンダーが来るとまず最初に書き込んで予定を確保するイベント10月第4日曜の金魚日本一大会が今年は台風接近のため中止になりました(T_T)
http://city.yatomi.aichi.jp/info/information.php?info=1190

 かつて伊勢湾台風で壊滅的被害を出した、0メートル地帯ですからやむをえない賢明な処置かと
思います。が、どーもその後の台風の動きを見ると見事に逸れてしまいそうです。

 毎年この時だけは金魚を出させていただいていますがミス弥富金魚も名物なのでした。
 あまりに悔しいので昨年の画像を出しちゃうもん。

070.JPG

043.JPG

弥富や全国の金魚ファンの皆さま、来年晴れるといいですね。

創作めだか報告② [時局]

 続くと言ってはみたもののほぼ写真は出しつくしてしまったことに気付きました。
 ホントに写真撮る余裕がなかったのです。

 015.JPG
 これは日本めだかの方です。かなりの高品質のものが出品されていたようです。よ、よくわからないけど。
 そちら方面の方、誠に申し訳ありません。でも見学はしました。たぶん人数ではこちらの日本めだかの方が倍以上の集客はあったのだと思われます。

 024.JPG
  これは胎生めだか入口付近に設置した談笑スペース。前回の出品魚のアルバムがさりげなく置いてあり、また駄菓子類まで用意されていました。ここまでよこちゃんさんは手配していてくださったのでした。まさに至れりつくせり。ちなみに私の昼ごはんはここのお菓子でした。

 グッピーコンテストではなかなかゆっくり座って語れるスペースがなくて近所のファミレスで時間潰して、、ということが多いですから、ここはなかなかよかったのじゃないでしょうか。(自画自賛)
 
 表彰式のあといよいよお待ちかねのオークション(画像なしすみません、だって忙しかったんですもん)
 半分以上の50点余りがオークション対象でエンドラ爺さんの見事な仕切りでどんどんと落札されました。
ほとんどのものが数百円から千円台でした。ほんとにそれでいいの?という感じでしたが、中にはウン十万
財布に入れてきて、5ケタになるものも出ました。それでも隣りに比べたら安いのなんの。

 035.JPG
 がらりーん。夢のあとです。
 関係者の皆さま、遠方より参加いただいた方々、多少の縁で入場投票していただいた方々もありがとうございました。またやりましょ♪よこちゃんさんが倒れていなければ。
 

創作めだか報告① [時局]

 今回は観賞魚フェアが行われてるタワーホール船堀で開催されました。この会場については雑誌金魚道主宰の大成企画大野氏のご尽力によるものです。深く感謝いたします。

 017.JPG
 観賞魚フェアの半分のスペースを日本めだかと胎生めだか、その他販売展示ブースに区切って行われました。こんなに広いスペースどうすんのよ、と思いましたが見学者も多く決して広すぎるとは感じませんでした。
 この左、ついたての奥がわれわれの胎生めだかスペースです。

 019.JPG
 手前から中島養魚場、(有)ピクタ、グッピーサトウのブース、仕切った奥がコンテスト
会場です。その全貌の写真をなんと撮ってない!という大失態(泣)

 020.JPG
 これだけ一挙にいろんなタイプのエンドラーズが群泳している水槽はそうそうないでしょう。エンドラ爺さんの太っ腹の豪華展示です。どさくさまぎれに網でがしゃっと掬って、という妄想を何人の人がしたことでしょう(笑)
 その左にはカープさんご自慢のエンドラーズ個別展示その横の拡大パネルは撮影nemoさん作成よこちゃんさんです。さすがの技術と配慮です。
 ちなみにこの雛壇もよこちゃんさん作製のものです。これが10個ほど左右に並んでいたのですが、その写真は、ありません。

 022.JPG
 展示物の名称、蘊蓄が書いてあります。この説明書はオークションでも威力を発揮しました。
 横にある紙コップに1人あたり5本配布される綿棒を投票するしくみです。ちなみに綿棒は一般観覧者が白で出品者が青と色分けされていて別集計になっています。

 日本めだかの表彰式は表彰状が立派でした。
029.JPG

 一方こちらは賞品重視。
027.JPG

一部を除いてあとは早い者勝ちに好きな商品を選ぶというしくみも採用してみました。
送りで参加の方ごめんなさい。
026.JPG

続く




 

遅い告知 [時局]

 だんだん迫ってきました。毎年のことながら秋の厳しい日程の中極力仕事しないといけないのですが、
今年は特にスケジュールがめちゃめちゃ。はたして当日まで外飼いで引っ張れるのかどうか。

027.JPG

 主催者側ではありますが○○○○王者の称号は死守したいので(笑)ガチに勝ちにいきます。人気投票ですから主催者が出してもいいでしょ。会場にかなり余裕があるので表彰までの間は胎生めだかの水槽の前であーでもないこーでもないとゆっくり談笑できそうです。
 今回は今までとやや違った印象があるようで違和感を覚える方もいらっしゃるように耳にしますが、基本的スタンスはぶれてはいません。
 運営をのためにそれなりの方に協力していただいたということで、素晴らしい会場が用意できたと思います。

 以下告知です

  Enjoy☆世界の創作めだか展覧会2013 実施要項

【日時】 2013年10月13日(日)
【会場】 タワーホール船堀  
       東京都江戸川区船堀4-1-1 TEL:03(5676)2211
【入場料】 無料
【主催】 Enjoy☆世界の創作めだか愛好会 日本グッピー学会
【出品受付】 午前10時 ~
【出品料】  1ケース1500円 (1.5ℓプラケに入るならペアでなくとも複数匹可)
        追加は1ケースあたり1000円となります。

       ※発送で出品していただける方は出品料を同封のうえ、前日12日(土)必着で
          下記までお送りください。
                〒352-0011 埼玉県新座市野火止5-1-20アーバン1F
                    グッピーラボ TEL 0484776555
                         『Enjoy☆世界の創作めだか展覧会係』まで

         なお、大変勝手ながら、郵送での出品魚につきましては、
         展示、輸送に伴う魚の負担や手間も考えまして、
         返送はせずにオークションに出品させていただきますので、
         ご理解の上、ご出品いただけますよう、よろしくお願いいたします。
         また、参加記念品、景品などは郵送させていただきますので、
         ヤマト運輸着払い伝票に送り先、送り主をご記入のうえ、出品料とともに
         同封してくださいますよう、よろしくお願いいたします。

【オークションについて】
         持ち込みで出品された魚のうちオークション希望のもの、
         郵送で出品された出品魚のオークションを行います。
         当日出品の方は、受付の際にオークション希望かお申し出ください。
         落札額の半額を出品者に、3割チャリティー、2割を事務手数料に配分
         させていただきます。なにとぞご理解のうえ、よろしくお願いいたします。

【日程】 (予定)
        
         10:00~開場・出品魚受付 (出品受付は14:00まで)
         15:00~人気投票結果発表 表彰式
         15:45~オークション開催
         17:00  閉会


今回は出品者の方のだいたいの人数を把握させていただきたいので、事前エントリー制とさせていただいております。 大変お手数ですが、下記メールアドレスまでご連絡ください。 追って、エントリー用紙を添付して返信させていただきます。 enjoy_killifish@yahoo.co.jp

2013071619540940d.jpg

今頃告知 [時局]

 http://www.guppyshop.com/kontesuto2012.html

 雑誌で知ってはいましたが連絡が遅れているようで果たしで何人集まることか。
 従来型コンテスト形式の行き詰まりが以前から指摘されていますが、そろそろ限界を超えているのかもしれません。ともあれ、ここは毎年決まった日に開催されるので、万障繰り合わせています。
 何より会場が国立の公園内で贅沢な空間で非常に快適です。
 やや時間的制約があるのが残念ですが、遠方の方には都合がいいかもしれません。

 昨年は当日の入賞魚を撮影、即時プロジェクターで審査員自ら解説を加える、という試みがありました。
 今年は岩○御大の講話で何が飛び出すことでしょう。
 幸いにして参加者は少ないと思われますので、(いいのかそんなこと書いて)濃いい話ができるのじゃないでしょうか。
058.JPG
注)魚は何の関係もない趣味の魚です(笑) 

締めはやっぱり [時局]

 もうすぐ3月というのにまだ2月の遠征ネタです。
 京都奈良ツアーの最終中継地はやはり吹田。

 165.JPG

 駅前の店です。素朴な味で満足しました。出しポン酢とか素焼きとか、いくつかトッピングが選べます。
 もちろん本命はここじゃありませんて。

 あれ!全体像撮ってなかった(汗)。大変失礼しました。
 関西グッピーの聖地アク○ステーション、もう有名店になりました。
236.JPG

ここに予定滞在時間2時間のはずがついつい長居をしてしまいました。
濃いいメンバーの常連さんが集まっていてくださり、話は尽きず、写真は撮りたし、買いたい魚もあるし。
だいたいここの店は3人以上がたむろできない構造になっていますね。ううむよく考えて作ってあるのですねー。通路すれ違えないし(失礼)。

 やっぱりグッピーはこーでなくちゃ。
 あらためて私が好きなのは水草水槽のグッピーなんだと実感。

208.JPG

で、この翌週は大風邪で使い物にならなくなったのでした。
166.JPG