So-net無料ブログ作成
検索選択

第22回金魚日本一大会マイナー版 その1 [G-fish(]

 002.JPG
 10月25日は弥富の金魚日本一大会を見学してきました。2週連続の金魚出張は正気の沙汰ではありません。かなり家族の視線が気になるところです。年に2回の贅沢、と言っておきましょ。
 ”明日から仕事がんばるからさ。”
 上位入賞魚はカミハタさんのところに掲載されています。
http://aquarium-fish.kamihata.net/kingyotanbouki/

 ここではいつものように上位選出されなかったもののお気に入りの魚でなおかつ拙い腕でもよく撮れたものを。当日は風が強くて画面が汚いのは水面に浮いた埃です。修正できずにすみません。

057.JPG
 キャリコ模様のジキンを江戸ジキンといいますがこんなきれいなのはなかなかいません。

015.JPG
 最近注目の銀鱗シュブンキン。こりゃもう錦鯉の五色みたいです。水槽ではビカビカでしょう。

067.JPG
 チョウチョ型に割れた四つ尾の蝶尾はどうもここでは評価が低いようです。

034.JPG
 数百円のコメットの中にこういうのが混じっていることもある(失礼)。今年はコメットの部は激戦でした。
 

第9回穂竜愛好会品評会 [G-fish(]

 2年連続で!赤穂の穂竜愛好会まで遠征しました。

023.JPG
 朝から終了まで雲ひとつないスカッ晴れ!!
 洗面器の数は各47枚というのもしゃれています。(隣は大石神社の47士像と並行に並びます)
 今年は赤穂の市長さんも見学されたそうです。(遅刻のため画像なし)

 会の詳しい内容や上位入賞魚などは公式のものをご覧いただくとして、
  http://gaichu-wars.boo.jp/index.html

 ここではいつものように独断と偏見で選び、しかも私の拙いカメラ技術できれいに撮れた魚をご覧ください。
会長の親稲穂調.JPG
 ひと際ド派手で濃い味の魚 稲穂のイメージもよく出ています。秋の日差しに背中オレンジに輝いていました。

 黒頭竜.JPG
 会長が今年創語された黒頭竜六鱗、に近いのではと思われた魚

028.JPG
 うまく斜め横からのショットが撮れました。穂竜は眼が大変かわいく、水槽飼育にも向く品種です。

 穂竜愛好会は会員の平均年齢も若く、年々魚も進化しています。おまけに熱心な女性の会員も多い!これは金魚の会にしては特筆事項かもしれません。
 愛好会の皆さんには今年も大変お世話になりました。
 
ちょっと絵柄が地味かもしれないので変わり竜のキレイどころも追加しときましょ。
 
 006.JPG
009.JPG


 
 

あげたくないよ~(苦笑) [サブグッピー]

 週末は穂竜愛好会の品評会、懇親会に伺います。
http://www.eonet.ne.jp/~horyuu/
 今年で設立9年目になりますが女性会員も多く研究熱心で仲が良く、大変心地よい会なのです。

 今年も賞品として羊毛一期屋のえれ。さんにお願いしてあったが仕上がってきました。
 えれ。さんも金魚、特に穂竜、変わり竜にはまって今年は稚魚まで飼育しているという方です。
 今年はなんと、金魚鉢や砂、水草まで用意されているではないですか!
045.JPG

 で、穂竜の部の親魚、当歳魚、変わり竜の親、当歳魚のお気に入りに差し上げるので計4匹。そろい踏みさせると・・・
050.JPG
 
 うわ~、そのまま右から左に人様に差し上げるのが惜しくなってきます。
 


コブラもいます [三角コーナー]


三角尾は苦手なのですが比較的好調なのはこちらのハイドーサルコブラ
085.JPG
 3年目くらいかな?ほとんどそのまま、いえ、アルビノだったのですがすぐこの状態になりました。ほとんど金太郎飴ですからあまり胸を張って自分のだとは言えません。
 もっと壊しまくりたい(バカモノー!)のですがあまりに完成度が高いので主系を維持しつつ、なんて言ってると挑戦する場所がありません。

005.JPG
こちらは再掲のメイン系統の画像。春先の事故で煮てしまいまして現在は残骸のみです。復活はあるのか?
そのまま復活しなくてもいいのでここから新たな展開に期待したいところです。


タキシードの雌が好き [マイナーグッピー論]

 タキシードの雌の発色には雄にもない輝きがあってぞくっとします。私だけの趣向かもしれないですが。
モザイクタキ♀.JPG

レオパードタキ♀.JPG

ショッカーガールズ.JPG

 

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。