So-net無料ブログ作成
検索選択

海外資料 [書庫]

 故筒井氏が90年に渡欧した折に中学生だったClaus Oshe氏が通訳として非常に役立ったことは聞いていたのですが、髪の毛以外はすっかり立派になって(ごごめんなさい)ドイツのツツイとなっているようです。30年を経て交流が始まりました。最近彼から届いたものです。ありがたいことです。私のドイツ語脳はすっかり錆ついておりますが。

021.JPG

022.JPG

エンドラーズカレンダーの中央にあるのは
023.JPG

これは2005年のドイツのワールドグッピーコンテストに送ったラグナハーフタキシードではないですか。向こうではまだ継続してもらっているようです。当方ではとうの昔にいなくなっていますが。やっぱり送っておいてよかった・・・


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0