So-net無料ブログ作成
検索選択

第23回金魚日本一大会 その2 [G-fish(]

この時期だけ頻繁な更新になると先日冷やかされました。

 いい魚たくさん見てくるとテンションが上がります。
 選外でもぐっとくる魚特集の続きです。

 鹿の子地金 ポーズが悪くてすみません。この魚は調色してないのでしょうか?
003.JPG
 鹿の子更紗=小豆更紗 のように現在思われていますがどうなんでしょ?

 もひとつ小豆更紗(のオランダ
012.JPG
 今回オランダは浜松から大量出品があったらしく激戦になりました。小豆更紗はオランダではよく見る模様になりました。親まで抜けないといいのですけど。

 013.JPG
 いろんな方が話題にしていました。こういう変異はたまに出るもののようですがそれをここまで育てて品評会に持ってくるのは並大抵ではないでしょう。それを面白がる人が増えたのも時代が変わってきた証拠です。

014.JPG 
 ピンボケですみません。鱗のきれいな輝竜こと紅葉竜眼です。

 100.JPG
 こういう色、形の東錦は弥富ではアウェーな感じです。

 で、
077.JPG
 今年は一人でした。ちょっと残念!なんのこっちゃ? 

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

よこちゃん

あっ、今年のミス弥富ちゃんも素敵なお嬢さんですね♪
鹿の子地金も紅葉竜眼もすごい好みです^^
最近は変異モノや雑種の存在価値が理解される柔軟性のある世の中になってきたのはウレシイかぎりです^^
by よこちゃん (2016-11-04 10:16) 

花やん

よこちゃんさん、今年はミス弥富金魚さんのみでした。
 >変異モノや雑種の存在価値が理解される柔軟性のある世の中になってきた
 そうなんです。それだけうるさいことを言える人が少ないってこともあるのかもしれませんけど。ランチュウだけの品評会ではなかなかこうはいかないみたいです。
by 花やん (2016-11-04 15:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。