So-net無料ブログ作成
検索選択

創作めだか報告① [時局]

 今回は観賞魚フェアが行われてるタワーホール船堀で開催されました。この会場については雑誌金魚道主宰の大成企画大野氏のご尽力によるものです。深く感謝いたします。

 017.JPG
 観賞魚フェアの半分のスペースを日本めだかと胎生めだか、その他販売展示ブースに区切って行われました。こんなに広いスペースどうすんのよ、と思いましたが見学者も多く決して広すぎるとは感じませんでした。
 この左、ついたての奥がわれわれの胎生めだかスペースです。

 019.JPG
 手前から中島養魚場、(有)ピクタ、グッピーサトウのブース、仕切った奥がコンテスト
会場です。その全貌の写真をなんと撮ってない!という大失態(泣)

 020.JPG
 これだけ一挙にいろんなタイプのエンドラーズが群泳している水槽はそうそうないでしょう。エンドラ爺さんの太っ腹の豪華展示です。どさくさまぎれに網でがしゃっと掬って、という妄想を何人の人がしたことでしょう(笑)
 その左にはカープさんご自慢のエンドラーズ個別展示その横の拡大パネルは撮影nemoさん作成よこちゃんさんです。さすがの技術と配慮です。
 ちなみにこの雛壇もよこちゃんさん作製のものです。これが10個ほど左右に並んでいたのですが、その写真は、ありません。

 022.JPG
 展示物の名称、蘊蓄が書いてあります。この説明書はオークションでも威力を発揮しました。
 横にある紙コップに1人あたり5本配布される綿棒を投票するしくみです。ちなみに綿棒は一般観覧者が白で出品者が青と色分けされていて別集計になっています。

 日本めだかの表彰式は表彰状が立派でした。
029.JPG

 一方こちらは賞品重視。
027.JPG

一部を除いてあとは早い者勝ちに好きな商品を選ぶというしくみも採用してみました。
送りで参加の方ごめんなさい。
026.JPG

続く




 
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

けるこ

グピコンと言えば怪しいおっさん達が狭いスペースにたむろしてよそ者が来たらジロジロ見るイメージなんですが(どんなイメージ?)、全く違う爽やかさですね♪怪しいのは魚だけ?って感じだったんですね。
行きたかったなあ~

by けるこ (2013-10-18 17:38) 

花やん

けるこさん、コメントありがとうございます。出品者の10倍以上一般観覧者が来られました。これは画期的なことで、もっと外にアピールしなくてはいけません。(日本めだかを見に来た人が単に迷い込んだだけという話もあります、笑)
 <へ?これはめだかと違うの?>
 <めだかと一緒に飼えるの?>
 <このまま冬も大丈夫なの?>
 <大きくなったらどうするの?>
 <胎生ってなに?>
 以上よくあった質問から。こういう人がたくさんいらしてくれたことが大きな収穫でした。
by 花やん (2013-10-18 18:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0