So-net無料ブログ作成
検索選択

小説ドイツイエロー [非生物]

 知る人ぞ知る小説ドイツイエロー、文庫になってたんですねえ。
 作品としての評価は私なんかにできるものではないのですが、この題名、セッティングは愛好家たるもの読まずにはいられない、、、。ましてや新潮文庫ですから。

 舞台は阿佐ヶ谷。沼袋やベタ撒きおじさんまで登場してからに(笑)。これはもう後をつけられてたとしか思えません。(?)初出は小説新潮2005年2月号でこの時に読んだのですが、改めて読むとまた感慨深いです。
 ただ、残念なのは挿絵がない!今の人はすぐ画像検索しちゃうからいいのでしょうけど。ドイツイエローの美がこの小説のクライマックスには大事だと思うんです。なおこの作家はディスカスの飼い方、なる小説も書いています。(こちらはまだ文庫化してないようです。)今後要チェックですね。

048.JPG
 新潮文庫 表紙

049.JPG
 小説新潮 2005年2月号 より

nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 7

よこちゃん

うおっ、こ、こんなタイトルの小説があったなんて!しかも阿佐ヶ谷(笑)
そのへんをウロウロしていた魚好きのS少年とY少年は登場してませんか? (^皿^)

by よこちゃん (2010-06-04 17:26) 

花やん

 よこちゃんさん、そうなんです。内輪受け(笑)初めて読んだときはたまげました。
by 花やん (2010-06-04 19:38) 

まっちゃん

やっぱ、花やんさんは、すんげ~マニアです、こんな小説を・・・(凄)
きっとウォッチングされていたのですよ(笑)

by まっちゃん (2010-06-05 10:52) 

よこちゃん

よくみたら『アジアンタムブルー』って映画にもなった小説の原作者さんでしたね^^ とりあえずアマゾンで1クリックしてしまいました(笑)
by よこちゃん (2010-06-05 13:51) 

花やん

 まっちゃんさん、これも、実はめだか館パート1で教えてもらったのです。
 
 よこちゃんさん、文庫もアマゾンですか(笑)
by 花やん (2010-06-05 20:10) 

★ASA☆

これは題名に釣られて、本屋で立ち読みした記憶が・・・
確か短編のやつですよね?
by ★ASA☆ (2010-06-05 22:49) 

花やん

★ASA☆さん、立ち読みで済ますとは、さすがです。私はこういうの見るとつい記念に買ってしまいます。長編ブルーグラスとかも期待しちゃいますね。(そんなのない・・つーの)
by 花やん (2010-06-07 16:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。