So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

グッピーの進化②ショッカー-1 [グッピーの秘]

我が家で出現した魚です。
026.JPG

ショッカー雌とモザイク雄のF1です。

この魚を見て①を思い出したというわけです。こういう魚最近よく見ると思いませんか?
そう!ダンボ系モザイクです。
個人的にはこれをモザイクとは言いたくないのですけどね。体型的にも独特な感じがしてこのタイプはみんな野太くなります。表現型と体格、体質が連動していることも長く付き合っているとよく経験します。
ちなみにコブラが抜けると同じように育てても一回り細くて小型になります。こういうのを上手に育てるとコンテストに優勝できるのでしょう(笑)
009.JPG

もう少し大事に育ててみます。あまり期待しないでくださいね。(誰も期待してないって)



グッピーの進化①プロトタイプ [グッピーの秘]

探し物が出てきました。'92年頃のダイヤモンドグッピー協会(わかります?)のコンテストで撮影した写真です。下手な写真ですみません。

006.JPG

飼育当初から外産グッピーでもひときわ派手なコブラタキシード(当時はこう呼ぶのが普通でした)は気になる存在でした。この年に突如このような魚が多数出品されていました。(もちろん国産品ではなく輸入魚そのままです)
下半身のタキシード斑が薄くなり、し下のコブラ模様が浮き出ています。

この系統のその後の展開に大変興味があったのですが、次の年からシンガポールではグッピーのウィルス病が大流行し多くの系統が失われました。ジェイドやモザイク系などが失われた中でコブラタキシードも存在はするもののギトギト感はなくなり、コブラ柄も大人しく魚体も小さくなっていきました。名前も魚に合わせてスマートなマルチタキシードと呼ばれることが多くなりました。

第49回全日本総合錦鯉品評会 [街で見かけたいいサカナ]

 日本最大いや間違いなく世界最大最高峰の錦鯉品評会に行ってきました。思えば第7回大会から気が向いたら足を運んでいます。もう48回になります。
057.JPG
053.JPG
うーむ煌びやかすぎる、でかすぎる。会場が一望できないほどです。歩く速さでぐいぐい見て回っても1時間以上かかるという壮大さ。毎回驚きます。

 ここでは優勝魚とかはほっといて(こら)、超外道お気楽マニア目線で(♡。♡)な魚を撮ってきました。
002.JPG
銀鱗からし鯉か?緑じゃないですかこれ。

010.JPG
銀鱗丹頂?落ち葉しぐれ やりますね。

029.JPG
パール銀鱗も見逃しません(たまたま目に入っただけな気がする)

050.JPG
うー、なんじゃこりゃ?面白いじゃないか!

061.JPG
落ち葉しぐれは穂竜と同じ色彩パターンのように思います。同じ品種の色違いです。うーむ参考になるなあ。穂竜愛好会の方見てますか?

051.JPG
ちなみに金銀貼り分け黄金。近頃流行らないのですかね?ほとんどいなかったけどめちゃくちゃ贅沢な魚ですね。

060.JPG
なんだこれ??変わってるな~白写りに黄色の影が入っているという珍品。今回この魚が見られただけでよかった~。

ちなみに今回これ以外にも私が撮影した鯉のほとんどはタイ、インドネシアの方の出品でした。私の鑑識眼が日本人でないことがよーくわかりましたとさ。



 
 

海外資料 [書庫]

 故筒井氏が90年に渡欧した折に中学生だったClaus Oshe氏が通訳として非常に役立ったことは聞いていたのですが、髪の毛以外はすっかり立派になって(ごごめんなさい)ドイツのツツイとなっているようです。30年を経て交流が始まりました。最近彼から届いたものです。ありがたいことです。私のドイツ語脳はすっかり錆ついておりますが。

021.JPG

022.JPG

エンドラーズカレンダーの中央にあるのは
023.JPG

これは2005年のドイツのワールドグッピーコンテストに送ったラグナハーフタキシードではないですか。向こうではまだ継続してもらっているようです。当方ではとうの昔にいなくなっていますが。やっぱり送っておいてよかった・・・


似て非なるもの [非生物]

 報告が滞っていますがアクアリウムバス(11/27)でまたまた購入してしまった、お馴染みえれ。さんのフェルト金魚。
 002.JPG
 背中の浅葱がわかってらっしゃる・・・・これは・・・とてもスルーできませなんだ。
 今回のはボトル入りです。写真が下手です。
001.JPG

 で、ほどなくしてガシャポンで同じようなのを発見しました♪
002.JPG

並べるといいかなー、なんて思ったのですが

006.JPG

いか~ん!
003.JPG
スライムの中でひっくり返ってしまっています。何度まっすぐに入れるも甲斐なし。
まるでメチレン●ルーの中で死んじゃったみたい( ̄◇ ̄;)




召集 [三角コーナー]

 最近ぱっとしないショッカー軍団である。アジトの暖房の都合でサンセットドイツなどという超貴族の血が入ってしまい、ますますライトな方向に向かっているような。
 そこにプラケ本部より召集が。
 仕方ない、我が軍団の凋落ぶりをさらけ出さねば。これはもう鞭打の刑必至ではないだろうか?(汗)

035.JPG

これは夏の写真である。記録すらおろそかになっていたりする。
ショッカーガールズ.JPG
雌は結構お気に入り

そしてサンセット系
007.JPG
サンセット雌
014.JPG

悪の軍団と夕日の貴族がどう改造されてしまうのだろうか、makeさんごめんなさい。



 

第23回金魚日本一大会 その2 [G-fish(]

この時期だけ頻繁な更新になると先日冷やかされました。

 いい魚たくさん見てくるとテンションが上がります。
 選外でもぐっとくる魚特集の続きです。

 鹿の子地金 ポーズが悪くてすみません。この魚は調色してないのでしょうか?
003.JPG
 鹿の子更紗=小豆更紗 のように現在思われていますがどうなんでしょ?

 もひとつ小豆更紗(のオランダ
012.JPG
 今回オランダは浜松から大量出品があったらしく激戦になりました。小豆更紗はオランダではよく見る模様になりました。親まで抜けないといいのですけど。

 013.JPG
 いろんな方が話題にしていました。こういう変異はたまに出るもののようですがそれをここまで育てて品評会に持ってくるのは並大抵ではないでしょう。それを面白がる人が増えたのも時代が変わってきた証拠です。

014.JPG 
 ピンボケですみません。鱗のきれいな輝竜こと紅葉竜眼です。

 100.JPG
 こういう色、形の東錦は弥富ではアウェーな感じです。

 で、
077.JPG
 今年は一人でした。ちょっと残念!なんのこっちゃ? 

第23回金魚日本一大会 その1 [G-fish(]

 私にとっての一年のクライマックスは金魚日本一大会
穂竜愛好会と連続の日曜出張というとさすがに家族の目が冷たく前泊ができませんでした、く~。

 早朝の新幹線で駆けつけたものの既に魚が出そろった状態で、例年に比べ出遅れ感は否めず。盛り上がりはすでにこんな感じ。過去最高の717点の出品数で洗面器を追加したのだそうな。
女性が年々増えている気がします。
044.JPG
人がわんさか!例年の3割増しな感じ。向こうの洗面器の列はまったく見えません。これ朝9時の風景なんです。

 例によって現地に行かないと見られないであろう、上位に入らない愛好家選りすぐりの、かつ独断と偏見の私好みのものを抜粋して掲載させていただきましょう。

032.JPG
この水泡眼はインパクトあったのですけどねえ。水泡の大きさや尾の長さの美意識は人によって違うようです。

096.JPG
親になって体色が始まるものは評価が落ちるのですが黒と黄(金)のコントラストはぞくっとします。

087.JPG
今回は当歳リュウキン部門はなぜか数匹しか出品がなくて超穴場でした。




第10回穂竜愛好会品評会 [G-fish(]

 10月16日第10回穂竜愛好会の報告です。個人的に思い入れが深く10回記念大会には是非にと言われていたこともあり、何はさておき万障繰り合わせて参加してきました。すでに各所で盛り沢山で楽しい報告がなされているので詳細はそちらにお任せすることにします。

013.JPG
 前夜祭を早め?に午前0時頃に切り上げ朝6時に会長宅に集結、必要器材をトラックに積み込み会場へ。
そこにももう待機している人もおり総勢30人ほどで設営作業。いつもながら見事な共同作業です。

017.JPG
 10時開会 記念大会とあって赤穂市長、市議会議長、カミハタ社長までお見えになっていました。
 今年はかつてないほどに出来がよく甲乙つけがたい印象でした。自分の魚がわからなくなってしまう人も続出したほどでした。それでも後で聞くと会長はまだまだ向上心がおありのようで目がどうとか頭がどうとか・・・。さすがです。
上位入賞の魚は各所でご覧いただくとして(まただよ)お気に入りで。かつ写真の出来がよいものを出しておきます。
042.JPG

050.JPG


 頒布魚の入札も行われ、洗面器の魚と遜色ない魚が破格値で次々落札されていました。これはもう入会しなきゃ損というもの。
059.JPG

 表彰式 やはり会の常連さんが多いですがあっという間に私よりはるかに上手になられてしまいました。もはや立場がないこと・・・・
065.JPG

 若い会員が多くまさに多士済々、更に今後の発展が期待されます。楽しい時間でした。

 おまけ 賞品として提供させていただいた えれ。さんのフェルト穂竜揃い踏み。(事前撮影のものです)かなりの人気ぶりでした。
杉野賞穂竜群.JPG
 

どこかで見たような [グッピーの秘]

 毎度お馴染みレオパードタキシードです。だって好きなんだもん。
 自分的には過去最高の出来上がりになりつつあり大事にしています。

レオパードタキ.JPG

 だいたいのコツがわかってきました。模様が細かく入ると尾が裂けやすく、黄色が入ると伸びにくくなります。要はIFGAの魚のように白黒のダルメシアンな方向か黄色無地ドイツイエロー路線にすれば立派な魚になりやすいのでしょう。
 ですが敢えて黄色く模様のある魚を目指します。どこにもいない魚を作るのが趣味なもので。(500円で売ってるじゃない?という声はこの際無視無視、笑)

 よくタキシードが外れた魚が出ます。これはグレーのモザイク模様のコブラになります。(あれ~写真がないじゃないか!)こんなんです。
001.JPG
(ALL ABOUT GUPPIES 1964 TFH表紙より)

追補)自家産魚
002.JPG

さらにコブラも抜けた魚も出ます。こんなんになりました。
003.JPG

あ、どっかで見たような、、、これやこれや!似てませんか?
001.JPG
(同上書)
他の本によるとハーネルの魚だそうですがこの本には書いてありません。

いつか来た道、というかこの系統がハーネル?まで辿れる、とは言いませんがこういう魚から改良されてきたのだろうなあ、と祖先がうかがい知れます。グッピーの表現型は無尽蔵ではなくある程度のパターンがあるのかもしれない、とも思わされます。




前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。